国史跡 道後公園湯築城跡 The Ruin of Yuzukijo-Castle Site (Dogo Kouen Park)

国指定史跡・日本100名城 湯築城跡

道後公園トップ画像1道後公園トップ画像2道後公園トップ画像3道後公園トップ画像4

湯築城の概要

国史跡「湯築城跡」

 中世末まで伊予の国の政治・軍事・文化の中心を担った湯築城は、江戸期には伊予松山藩の管理下に置かれ、明治期からは県立の都市公園や植物園などとして、昭和の時代には動物園としても利用されていました。

 中世の城郭である湯築城は、近世の城郭が持つ石垣や天守が無く、地形を利用して作られた平山城です。築城当初の14世紀前半は、中央の丘陵部を利用した山城でしたが、約200年後の16世紀前半には周囲に外堀を築き、二重の堀と二重の土塁を巡らせた平山城になったと推定されます。江戸時代に描かれた絵図から、東側が大手(表)、西側が搦手(裏)と考えられています。

 城郭の堀や土塁などの縄張り遺構が良好に残り、城郭発達史からみても基調で稀な中世の城跡であること、また中世の主要な守護大名の拠点城郭であることに加え、時代や地域を代表する特色を持つことから地域の伝統技法や工法を使った復元などが評価され、平成14年に国史跡となり、その後日本100名城、日本の歴史公園100選にも選定されています。

土塁展示室

発掘調査の成果

 湯築城跡の発掘調査は1988年(昭和63年)に開始され、これまでに公園の南部を中心に約2万平方メートルについて調査をしています。

 発掘調査が行われた公園の南部では、外堀の内側に排水溝をともなった道路が巡っており、内堀との間の平地部のうちの西側は建物礎石・土塀などの遺構から「家臣団居住区」、東側は広い区画内に庭園区をともなう遺構から「上級武士居住区」と見られており、城内は、機能や格式によって使い分けられていた様子が明らかになりました。

 また、遺構とともに多種多様な遺物が豊富に出土し、当時の城内の生活を復元する上で貴重な資料が得られました。

区画図